防風通聖散で下痢がひどい・臭い時の対処法。好転反応かも?

防風通聖散で下痢をしてしまった方は少なくありません。その理由は、防風通聖散に含まれている生薬が関係しているといいますが、逆に好転反応という意見もあります。下痢がひどい場合、どうすれば良いのでしょうか?

 

防風通聖散は下痢の副作用がある

防風通聖散の副作用として挙げられるのが「下痢」です。
代表的な副作用なので、知っている方も多いでしょう。防風通聖散は、消化器系の副作用が多く、下痢以外にも腹痛や食欲不振、吐き気といった症状が出る場合もあります。特に胃腸が弱い方は、この副作用が強く出るといわれています。
ただ下痢=好転反応という意見もあるため、一概に下痢=悪いことではありません。好転反応については後述しますが、もし飲みはじめて下痢の症状が出た場合は、一旦使用をストップすることをおすすめします。

 

「防風通聖散のすごいところは、便秘にはすぐ効くところです。効きすぎて便が緩くなり、最終的には下痢になってしまいました」
「便が緩くなりすぎて、嘔気がするようになってしまいました。便秘は解消されたのかもしれませんが、一旦使用をストップします」

 

口コミでも、「便が緩くなった」という意見が多数見受けられました。副作用か好転反応かは個人差がありますので、なかなか症状が良くならない場合は使用をやめてください。

 

下痢になる原因の生薬

防風通聖散で下痢になってしまうのは、含まれている生薬が関係しています。まず、「芍薬(しゃくやく)」です。芍薬には血液の流れを促進する効果があるため、主に冷え性の治療で用いられています。それ以外の効果が、「腸」です。
内臓の痙攣抑制効果があり、人によっては下痢になってしまうのでしょう。芍薬が適している便秘は、ストレスや緊張型によるもの。これらの便秘には芍薬の効果がプラスに働き下痢になることなく排便を促してくれるでしょう。
ただ必ずしもすべての人が合うわけではありませんので、やはり合わなければ下痢になります。

 

もうひとつ、「大黄(だいおう)」です。便秘解消の漢方薬といえば大黄といっても過言ではないほど、いろんな漢方薬に用いられています。排便を促す効果が高く、下痢や便秘を解消してくれます。それなのに下痢になってしまうのは、個々の腸内細菌の量が関係しています。
腸内細菌が多い人が防風通聖散を飲むと、下痢になることが多いでしょう。ヨーグルトを常食している方は腸内細菌が多い場合がありますので、防風通聖散による下痢に十分注意してください。

 

「便秘症なので普段からヨーグルトを食べていました。もっと効果が欲しく防風通聖散を買いましたが、すぐに下痢になってしまい大変でした。ヨーグルトをやめて防風通聖散だけを摂るようにしたら下痢はなくなりました」

 

防風通聖散を控えた方が良い人

防風通聖散に限らず、漢方薬には向き・不向きがあります。防風通聖散の場合は、「体力がない」「痩せ型」「肌荒れしやすい」「声が小さい」「胃腸が弱い」などが挙げられます。もともと、防風通聖散は健康で体力がある人向きの漢方薬。
そのため、痩せ型や体力がない人は適していないといわれています。副作用も出やすく、下痢以外にもさまざまな不調を訴えることになるでしょう。
せっかく体に良い漢方薬でも、マイナスに働いてしまっては意味がありません。ですから、前述した項目に当てはまる人は飲まないほうが賢明です。病院で診察を受けても、体力がない人や痩せ型の人はたとえ肥満症・便秘症でも処方されないことがあります。それくらい、体質が問われる漢方薬ということです。

 

ただ、下痢=副作用ではないことは前述した説明のとおり。場合によっては「好転反応」もありますので、下痢だから危険というわけではありません。そこを見極めるのは難しいですが、体力があり肥満で悩んでいる人は一時的な下痢であれば心配する必要はないでしょう。

 

「肥満ですが、体力がなく胃腸が弱いタイプです。市販の防風通聖散を試しましたが、合わなかったようで下痢になってしまいました。今は他の漢方薬を飲んでいます。やはり合う・合わないがあるのでしょう」
「痩せ型ですが体力はあります。便秘で悩んでいたので防風通聖散を飲みましたが、軽い下痢でしばらくすると治まりました」

 

下痢は好転反応の可能性も?

下痢=副作用ではないことは説明しましたが、それは「好転反応」の可能性もあるからです。好転反応による下痢であった場合は、防風通聖散がプラスに働いている証拠。何れ治まり、しっかり効いてくるでしょう。

 

好転反応の場合は、体の中に溜まった老廃物を排出してくれている証拠です。
そのため、体の巡りを良くしキレイな状態にしてくれます。体内に老廃物が溜まっている人ほど、下痢を起こしやすいといわれています。下痢をしなくなった後は、便秘症なら便秘が解消されお腹周りがスッキリするでしょう。
肥満症なら、余分なものが排出され体重が減ります。好転反応の場合は一時的に不調になるだけなので、何れ良くなります。しかし副作用として出てしまった場合は、なかなか治まりませんのですぐに使用をストップしてください。
下痢だけではどうしても好転反応か副作用かは分からないので、しばらく様子を見て判断すると良いでしょう。

 

下痢がひどい、臭い時の対処方法

どうしても下痢がひどい場合や排便が臭い場合は、一旦使用をストップするか飲む量を減らしてみてください。「飲む量を減らすと効果がなくなる」と心配する方もいると思いますが、下痢をのそのままにしておくことのほうが良くありません。
たとえ好転反応による下痢であっても、下痢をした場合は使用をストップするor飲む量を減らしてみましょう。個人の体質で調整することが大切です。

 

また、下痢に効く食べ物を摂取してみるのも良いでしょう。おすすめは、「すりおろしりんご」「紅茶」「にんじん」など。りんごやにんじんには食物繊維が含まれているので下痢の症状を和らげてくれます。

 

一旦防風通聖散の使用をストップし、再開した後も下痢になってしまうという場合は残念ながら合わないということです。無理に飲むものではありませんから、下痢が改善されない場合は他の漢方薬に変えるなど自分に合ったものを使用しましょう。

 

まとめ

防風通聖散による下痢は、副作用の場合と好転反応による場合があります。代表的な症状なので、ほとんどの人が下痢になっています。しかし、好転反応であれば体内の老廃物を排出している証拠。いわゆるデトックスですから、飲み続けても問題ありません。

 

しかし一向に下痢が治まらない場合や、たとえ好転反応でもしばらく体調が優れないという方は、防風通聖散が体に合わないということです。漢方薬は、体に良いものですが合わない場合はマイナスに働きます。しんどい思いをして飲むものではありませんから、もし下痢が治まらない人は他の漢方薬を試すか一度医師に相談することをおすすめします。

 

防風通聖散は、プラスに働くと肥満症や便秘症を改善し、体の中からスッキリします。体内の余分なものを外へ出してくれるので健康体を手に入れることができるでしょう。不安な方は、病院で診察を受けてみてください。正しい漢方薬を処方してもらえるはずです。市販の防風通聖散は満了処方は少ないもののやはり自己判断になってしまいますから、副作用のときの対処法が大変になるでしょう。